Q&A

お子様について

Q:グループレッスンに途中から入って ついていけるでしょうか?

A:スピークアップでは、年齢とレベルを考慮したクラス分けを行なっていますのでご安心ください。お子様の現在の英語レベルがわからない方は、まずは個別の無料体験レッスンをお受けください。その際に簡単なレベルチェックを行ない、お子様に合っていると思われるクラスを1~2つご案内させて頂きます。その後、実際のクラスを体験して頂くことも可能です。また始めの1~3カ月ほどが過ぎれば、講師の英語やレッスンのパターンにも慣れてくる生徒さんがほとんどです。ご入会前でもご入会後でも、ご心配があれば何なりと日本人スタッフにご相談ください。


Q:別の英会話スクールに長年通っているのに読み書きができません

A:お子様の年齢にもよりますが、まず未就学の間は、園でもご家庭でも「文字」よりも「ことば」を中心に子どもは生活をしています。小学校1年生で初めて「文字を読んで理解をし、文字を書く」という環境におかれます。したがって英語学習においても、未就学の頃から習っているお子さんは小学校低学年までの間は、読み書きよりも会話力の方が先行していることは自然なことだと言えます。お子様がすでに小学校高学年以上でこのようなお悩みをお持ちの場合には、(お子様に時間的余裕とヤル気があれば)4線の英語練習ノートを買って、ご自宅で単語を書く練習をされることをお勧めします。漢字練習と同じで、書くことでスペルも覚え読む力もつきます。親御さんが単語クイズを出すなど、親子のコミュニケーションをはかりながらゲーム感覚でチャレンジすると、より覚えがよくなると思います。スピークアップでは未就学クラスからアルファベットに親しみ、年長~小1で本格的な読み書きの練習を徐々に初めていきます。小学校中学年~高学年でローマ字を習うので、ローマ字と英語のスペリングの違いに混乱する場合もみられます。また当教室では小学生には2018年度よりテキストのホームワークに加え、単語の書き取りホームワークを追加しました。「言いながら書く」ことでリーディング・ライティングの基礎を作ります。


Q:別の教室で英語を習っていますが、上達しているのか不安です。

A:外国語学習の最終目的は、コミュニケーションの手段として「聞く」「話す」「読む」「書く」が母国語と同じように不自由なく行えることだと思います。それがバランスよく組み込まれているレッスンであるか否かを、今いちどご確認されるのがよいかと思います。スピークアップでは不定期ですが、親御さんがレッスンを参観できる日を設けています。参観された親御さんからは「私でもわからない講師の指示に従ってレッスンに参加しているのを見て驚いた」「去年よりもわかっているようで安心した」「何を習ったの?と家で聞いても答えてくれないが、レッスンを見学して思ったよりもハイレベルなレッスンの内容にびっくりした」などのお言葉を頂いております。一方で「うちの子は読みが苦手なようだ」や「レッスンに集中できていないようです」「宿題を理解していないようなのですが」といったお悩みをお持ちの親御さんもいらっしゃいます。そういったお子様の学習についてのお悩みは、日本人スタッフにお気軽にご相談いただいています。日本人スタッフが実際にレッスンを行なっているネイティブ講師と相談の上、1人ひとりのケースに合った、自宅でのフォローアップの対策などをアドバイスしています。


Q:どれくらいで話せるようになりますか?(本当に話せるようになりますか)

A:生徒さんの現在のレベルや語学学習の得意・不得意があるので一概には言えませんが、継続していれば必ず話せるようになります。「英語を話す」には、①聞く ②聞いてマネする ③語彙を増やす ④聞いて理解する ⑤自分で英文を組み立てて話す という段階が必要になります。またこれらを螺旋階段状にステップアップさせていくのが語学学習の上達イメージです。つまり一気に短期間で話せるようになるには特殊な訓練と才能を必要としますが、スピークアップで用いられているメソッドで学習を進めれば、年齢・レベルに関係なく早ければ半年、遅くとも3年後にはかなりの上達が実感できるはずです。


大人の英語学習について

Q:カジュアルな会話ができるようになりたいのですが

A:仕事上のやりとりだけでなく、休憩時間などにちょっとしたカジュアルな会話を楽しめるようになりたい…とお考えの社会人の生徒さんはとても多くいらっしゃいます。それには、①場数を踏むこと ②ボキャブラリーを増やすこと ③リスニングを強化すること ④適切なあいづちの打ち方を学び練習を積むこと だと思います。スピークアップではこの全てをバランスよく学んでいきます。個人レッスンの生徒さんには、レッスンをボイスレコーダーなどで録音して通勤時間などに聴きなおすことをお勧めしています。このことによってリスニング力がアップし特に効率よく上達がのぞめます。


Q:TOEICを毎年受けるのですが、なかなかスコアが伸びません

A:まずご自身のスコアの比率をご確認ください。リーディングとリスニングではどちらの方が得意でしょうか?どちらか一方が得意な場合、苦手な方を集中的に学習することをお勧めします。たとえばリスニングが苦手ならば市販されているTOEIC対策本のリスニングセクションを半年~10カ月を目安に繰り返し粘り強く学習します。リーディングが苦手ならばリーディングの学習を行なってください。どちらもいくつかのパートに分かれていますので、同じパートを1~2カ月繰り返し学習してください。同じパートを繰り返すことで設問のパターンも見えてきます。またTOEICは長時間の試験なので毎日少しずつ学習するほか、試験2か月前からは休日を利用して実際のTOEIC試験と同じ時間を計って模擬試験問題を使って学習することをお勧めします。スピークアップでは実践的な教材とネイティブ講師によるレッスンによって、特別なTOEIC対策をせずとも週1回のレッスンを受けていただけで、1年間で200点もスコアアップされる生徒さんもめずらしくありません。


Q:書いてある問題は解ける(頭ではわかっている)のに、すぐに答えられません

A:わかります。これは慣れの問題だと思います。ある意味、スポーツや料理のようなもので、聞いて⇒理解して⇒話す という一連のエクササイズを繰り返し練習し場数をふむことで、必ず上達します。上達の速度には個人差がありますが、諦めずに継続していれば必ず上達します。がんばってください! スピークアップでは楽しく継続できるレッスンをご用意しています。お近くの方はぜひ一度、体験レッスンにお越しください。